2月, 2018年

Hult ロンドンキャンパス(MBA)紹介とキャンパス探索

2018-02-21

Hult International Business Schoolは、世界に4つのメインキャンパス、2つのローテーションセンターを持ち、120カ国以上から学生が集まる世界で最もインターナショナルなビジネススクールです。

メインキャンパスとして、ボストン、サンフランシスコ、ロンドン、ドバイ、そしてローテーションセンターとして上海、ニューヨークがあり、Hultの学生は12ヶ月というMBAプログラムの期間に最大3つの都市を行き来することができます。

今回、私が訪問したのは、Hultのロンドンキャンパス。大英博物館も徒歩圏内でロンドンの中心地に位置しています。

MBA Loungeによるスクール紹介動画はこちら。
 

システム

期間:12ヶ月
※最大3つの都市のキャンパスで学ぶことができる

Dual Degree Program: 18ヶ月

国際認証

AACSB
AMBA

出願資格・提出書類

学士号
実務経験3年
英文履歴書
成績証明書
エッセイ
GMAT
IELTS 6.5, TOEFL90点
推薦状2通

キャンパス内探索


ロンドンキャンパス外観


受付


各ルームは世界の都市名が付けられています。


キャンパス内


クラスルーム


世界各国から学生が集まってきます。

Hultの出願予定者を対象としたE-Classが開催されました。

2018-02-03

1/27(土)Hultの出願予定者を対象として、HultサンフランシスコキャンパスのGroth教授による『Digital Disruption for Human Development』講義が行われました。

この講義はウェブクラスで、世界各地の教室を繋ぎお互いの都市でディスカッションをする形式で行われました。

教授はサンフランシスコの自宅から、
生徒さんは、私が出席した東京の他、バンコク、ソウル、台北、ジャカルタ、マニラの合計6都市です。

それぞれの国からサンフランシスコにいる教授に質問したり、生徒さんの都市同士でディスカッションしたりとまさにインターナショナル。

でも、これからの時代、大学も会社もこのような形で各国に散らばる相手とやり取りするのは当たり前ですよね。

Hult International Business Schoolは、常に時代の流れを読み、その時代に最適なカリキュラムや講義スタイルをとります。

世界で、そして最先端のテクノロジーの中でキャリア構築をしたい人は、是非このHultのネットワークに加わってくださいね。

Copyright(c) 2018 MBA Lounge All Rights Reserved.