10月, 2018年

The Economist’s MBA Rankingで43位にランクイン

2018-10-30

先日、エコノミスト誌が発表したThe Economist’s Which MBA?でHultのGlobal One-Year MBAが世界で43位にランクインしました。

過去2年間、エコノミスト誌でのHultのランキングは、年々上がり続けており2016年(60位)から17ポイントアップしたことになります。これはHult卒業生の給料増加率(“Percent Salary Increase”)や就職した企業の多元性(“Diversity of Recruiters”)が高かったことを意味します。

各カテゴリーのランキングは以下の通りで、やはりHultの特徴であるDiversityやInternationalという部分が評価されていることが分かります。

– #1 for Diversity of Recruiters
– #7 for Overseas Alumni Chapters
– #8 for % Salary Increase (up from #11 LY)
– #15 for Student Diversity

President of Hult International Business SchoolのDr. Stephen Hodgesは、
「Hultは常に将来を見据えた実践的なビジネス教育にフォーカスしている。Hultに来る学生は常に自分の将来に対して“Think differently”を意識している。それがこのランキングに反映されたのだと思う。
と述べています。

Hultは学生や教授陣のDiversity(多元性)やInternational(国際性)が特徴の世界でも類を見ないビジネススクールです。
もしあなたが自分のスキルアップにこれらの要素を求めるのではあれば、Hultを検討してみてはどうでしょうか。

Copyright(c) 2019 MBA Lounge All Rights Reserved.